ビルドマッスルHMB-筋力アップサプリ-

フィジーク向けの身体になれる筋トレメニューはこれだ!

フィジーク向けの身体になれる筋トレメニュー

フィジーク向けボディを目指すためには筋トレメニューもある程度工夫が必要です。闇雲に筋トレを行うのではなく、効果を狙った筋トレメニューが大切です。それにより、自ずとフィジークボディに近付いていくでしょう。

フィジークのための筋トレメニューの考え方

フィジークはボディビルダーのようなマッチョボディではなく、いわば痩せマッチョのようなボディです。そのため、ボディビルダーのような筋トレメニューではなく、違った筋トレメニューの作成が大切になるのですが、ボディビルダーがなぜあそこまで筋肉に包まれた体をしているのかといえば、筋トレで自分自身を追い込み、HMBサプリなど、筋肉サプリによって筋肥大をサポートしているからです。

ボディビルダーに必要な筋肉とは、あくまでも「大きな筋肉」です。そのためには筋トレによって極限まで自分自身を追い込み、超回復による筋肥大でいわゆる「マッチョ」なボディを手に入れるのです。

そうです、痩せマッチョとはいわば方向性が異なるのです。

フィジークボディに鍛える筋トレは方向性が違う

フィジーク向けボディを目指すのであればボディビルダーの筋トレメニューとは異なることに気付かされるはずです。
フィジークを目指すのであれば、筋肉を膨らませるのではなく、より引き締まった筋肉にしなければならないのです。極限まで追い込んで筋肥大をもたらすものではないのです。

フィジークを目指す筋トレメニュー

フィジークボディを目指すための筋トレメニューは、重い物を持ってガンガンこなすよりも、いわゆる体幹を鍛えるかのような筋トレの方が合っています。

重い重量で歯を食いしばって筋トレを行うのではなく、軽い重量での筋トレ。「効果あるの?」と思うかもしれませんが、そこは工夫が必要です。筋トレ云々ではなく、人間は一瞬だけ重い物を持つことは案外出来るものです。言わば瞬発力ですが、一瞬であれば何とか出来るものです。

一方それ以上に辛いのが力が入った状態を耐えることです。持つだけであれば全然辛くないものでも、何秒、何十秒と持ち続けるとなると普通の筋トレとは違った疲労になります。

フィジークではそのような筋トレの方が好ましいのです。一回一回歯を食いしばって一瞬持ち上げて下して…ではなく、ゆっくりと呼吸を整えながら力がかかっている所で止める。大きなパワーが必要ではありませんが、持続力が求められます。ボディビルダーの筋トレメニューとは大きく異なりますが、フィジークを目指すのであればこちらの筋トレの方が良いのです。

フィジークボディを目指す筋トレメニューとプラスアルファ

フィジークは筋トレも大切なのですが、それ以上に大切なことがあります。そうです、有酸素運動です。

フィジークを目指すのであれば筋トレだけではなく、有酸素運動も取り入れると良いでしょう。
ボディビルダーの場合、脂肪を燃焼する必要はありません。なぜなら、脂肪も筋肉へと変化させたいので、脂肪を燃やすのではなく、筋肉に変えるという考え方で筋トレメニューを組んでいます。

ですがフィジークをと考えた時、脂肪は筋肉にするよりも落とした方が良いのです。
そのため、筋トレだけに頼るのではなく、有酸素運動も行うと良いでしょう。また、有酸素運動は筋トレ後を推奨します。筋肥大を目指している訳ではないのです。

筋トレのメニューをこなした後に有酸素運動をこなすことで、筋肥大を鈍化させるだけではなく、脂肪燃焼効果を高めます。

特に最初に筋トレを行い、その後に有酸素運動という流れの方が筋トレにて糖分をエネルギー消費し、有酸素運動でより脂肪をエネルギーにすることが出来ますので、フィジークを目指すなら筋トレの後の有酸素運動というメニューを組み立てましょう。

フィジークボディを目指す筋トレメニューについてまとめ

フィジークは筋トレのメニューも大切ですが、有酸素運動を上手く組み合わせることでより理想のフィジークへと近づくでしょう。そのために筋トレと有酸素運動を上手く組み合わせたメニューを考えましょう。

フィジーク向けの身体になれるHMBサプリについて

筋肉サプリランキング
サブコンテンツ

このページの先頭へ