ビルドマッスルHMB-筋力アップサプリ-

バルクアップHMBプロを使って胸筋を鍛えるには?

理想の胸筋

胸筋を筋トレで効率よく鍛えることができてるでしょうか?胸板になかなか筋肉がつかず薄い胸板にコンプレックスを持っているメンズが多いようです。男なら誰もが憧れる立体的な胸板。胸板を分厚くするのは素人では難しいと思われがちです。胸板は主に大胸筋という筋肉のことですが、筋トレで一番成果がはっきりと出る部位ですしわざわざジムに行かなくても自宅で簡単にできちゃいます。ただし、効率的に胸筋を鍛えるにはいくつかのポイントがあります。

そのポイントを見る前に、まずは、胸筋を鍛える為に、おすすめのサプリメントの存在をしておきましょう。サプリメントは、ダイレクトで筋肉に栄養を送る事ができるので、多くのアスリートが使用しています。
それでは、胸筋を鍛える際におすすめの筋肉サプリランキングをご覧ください。

バルクアップHMBプロと筋トレで効率よく

バルクアップHMBプロを取り入れた筋肉トレーニングが一番効率よく胸筋をつける道と言えるでしょう。まず大胸筋上部と呼ばれる大胸筋の上部を鍛えます。上部が薄いと貧相な胸板に見えてしまうので大事な部位となります。

胸筋の内側も鍛えよう

大胸筋内側と呼ばれる部位です。内側を鍛えているのと鍛えていないのでは見た目が全然違います。ここを鍛えるのは中級者以上向けです。

胸筋の仕上げは大胸筋下部

腹部との間に高低差を作ってくれる部位を大胸筋下部と呼びます。部を分厚くすることで3D感を演出できて胸板の存在感を強調できます。胸筋の中で最もボリュームを作るのが難しい部位なので、ここを強化することで他のメンズと差をつけられます。

胸筋を鍛えるポイント

胸筋の鍛え方ではいくつかトレーニング法があり、どのトレーニングにも共通しておさえておかなければならないポイントがあります。それは、きちんと負荷をかけること、鍛えている部位をしっかり意識すること、狙った筋肉をしっかりと疲れさせること、インターバルは短くすること、可動域を最大限に活用することです。効率よくバルクアップ(筋肥大)していくためには、正しいフォームによって対象とする筋肉をしっかりと意識して最大限に伸張させることで、高負荷がかかり筋肉を疲れさせることができます。

胸筋を鍛えるトレーニング

胸筋を鍛えるトレーニングの代表的なものといえば、腕立て伏せです。腕立て伏せはただ上下するだけでなく、床を押し上げるイメージを持つことがポイントです。正しいフォームで15回程できるようになると、周りの友達にちょっと自慢したくなるような胸板ができてきていると思います。

バルクアップHMBプロは力強いサポート役

なんといっても分厚く逞しい胸板が手に入るのが、胸筋を鍛える最大のメリットと言えるでしょう。また、大胸筋が発達すると男らしいボディラインに仕上がるため、腹筋も合わせてしっかりと鍛え込めば理想的な肉体にグッと近づけます。バルクアップHMBプロとトレーニングで理想の体型を目指しましょう。


バルクアップHMBプロを使って筋トレをしよう!に戻る

筋肉サプリランキング
サブコンテンツ

このページの先頭へ