ビルドマッスルHMB-筋力アップサプリ-

筋トレ後の筋肉を回復させる期間について「超回復って?」

筋トレ後の筋肉を回復させる期間とは?

筋トレ後の筋肉を回復させるまでの期間は、トレーニングの効果を効率よく高める上でとても重要になります。激しい運動を行って、筋繊維が切断されている時には、筋肉をゆっくりと休ませる必要があるのです。

そもそも筋肉痛は筋繊維が切断され、その箇所に乳酸が溜まりやすくなる為、その結果痛みが生じるのだと言われてきましたが、最近では、筋繊維が回復する上で乳酸が発生している、という事がわかってきているのです。

つまり、筋トレ後の筋肉痛の痛みはトレーニングをしっかりと行った、というサインでもありますし、これから筋肉が超回復をしていく事で、筋肉が強くなります。
超回復を経て、筋肉量が増加し、筋肥大が引き起こされると太く強い筋肉が作り上げられていくのです。

筋肉を効果的に刺激し、ダメージを大きく受けるトレーニングを行い、尚且つしっかりと回復させる事が筋力アップには欠かせないのですよ。

筋トレ後の筋肉痛と筋肉を回復させる基準

筋トレ後の筋肉痛を筋肉回復の目安としている方も多いです。筋肉痛は筋繊維が疲弊をしている証拠ですので、痛みが治まれば筋肉も十分に回復している、と感じている方が多いのも頷けます。

しかし、筋肉痛が治ったからといって、本当に筋肉を回復させる事ができたのかといえばそうではありません。トレーニングの強度によって個人に現れる筋肉痛の度合い、長さといったものは大きく異なるんですよ。

トレーニングの量を増やし追い込んでいるにも拘らず、短期間で筋肉痛が治まる事もあります。

この様な場合には、筋肉痛がなくなったとしても筋肉は十分に回復させる事ができていない、という可能性が高いのです。筋肉痛にはどのくらいで治まる、という目安などが存在しません。

運動不足の人は筋肉痛になりやすいですし、中々疲れが抜けません。そのため筋トレを十分な強度で行ったのであれば、最低でも2日から3日は休んで筋肉を回復させるようにしましょう。

筋トレ後プロテインは筋肉痛の時にだけ摂取すれば良い?

筋トレ後に摂るプロテインは、筋肉痛から筋肉を回復させる時にだけ飲めば良いというものではありません。超回復が促進され、より筋肉が大きくなるという事には違いないのですが、筋肉痛の時だけではなくその時以外にもタンパク質を摂取するというのはとても重要なんですよ。

筋肉を回復させる時だけではなく常日頃から、プロテインでたっぷりとタンパク質を摂取しておくようにしましょう。但し、タンパク質が必要だとはいっても炭水化物の摂取を怠ると、本来は筋肉の原料となるはずのタンパク質を、炭水化物が持つ運動エネルギーの代わりに消費してしまいます。

折角摂取したタンパク質が原料として使われると、必要なタンパク質が筋肉に行き届かなくなります。
筋肉を回復させる時にも、勿論バランスよく食事を摂取することが重要なのです。
筋肉を回復させる時にお勧めの食べ物が幾つかあります。

食事の際には、タンパク質の摂取を意識して、豚肉や大豆、豆腐といった大豆食品を摂取しましょう。
また、疲労回復効果の高いビタミンCを摂取できるオレンジジュース、果汁100%のジュースがおすすめですよ。

空腹の時間が長く続くと、タンパク質を分解してエネルギーとして消費しますので、長時間の空腹は避ける様にしましょう。

筋トレ後に筋肉を回復させるコツ

筋肉を回復させるうえで重要なポイントは幾つかありますが、筋トレの後に効率よく筋肉を回復させる為には、温めることや血液の流れを良くする事が重要です。

トレーニングによって筋肉繊維が損傷していますので、回復のために必要な栄養分を筋肉に効率よく行き届かせる必要があるんですよ。運動後に、スローペースでランニングやジョギングを行うことで血行不良を避けることができます。

また、激しい運動をしたときに急に運動やめてしまうと、血流が一気に悪くなり、乳酸が溜まりやすくなります。

ジョギングやランニングだけでなく、ストレッチを行う様にすると筋肉をほぐす効果を期待する事ができます。

筋肉をほぐすことで乳酸が筋肉内で蓄積するのを予防する事ができ、筋肉を回復させる上で最適なのです。

筋トレに役立つ情報一覧へ戻る

筋肉サプリランキング
サブコンテンツ

このページの先頭へ