ビルドマッスルHMB-筋力アップサプリ-

クレアチンALKの効果を解説。プロのみが知るクレアチンの使い方

クレアチンALKの効果を解説。プロのみが知るクレアチンの使い方

クレアチンALKというサプリが楽天のクレアチンサプリの中でも人気になっていますね。

今回は、そんな今人気のクレアチンALKについての詳細を見ていきましょう。

クレアチンALKのクレアチンの具体的な効果は?

クレアチンALKのクレアチンの具体的な効果は?
クレアチンALKの主成分クレアチン。

筋肉に効果的とは聞くけど実際どんな効果があるのか詳しく知らないという方が多いです。

なので、まずはクレアチンの具体的な効果についてお話します。

まずは、クレアチンの効果として代表的な運動効率の向上です。

クレアチンとは、体内で生成されるアミノ酸の一種で、運動時のエネルギー効率を上げてくれる役割があります。

そのため、運動トレーニング筋トレ時の身体的な効果の底上げに役立ちます。

クレアチンALKの役割は筋肉を作ることではない!

クレアチンALKの役割は筋肉を作ることではない!
よく勘違いされるのが、クレアチンの役割は筋肉量増加効果という点です。

クレアチン単体に筋肉合成を行う効果はありません

クレアチンを摂取しても筋肉がつかない!という怒りの声をよく耳にしますが、それは勘違いしているだけなんですね。

クレアチンが筋肉つかないなら摂取する必要はない?

クレアチンが筋肉つかないなら摂取する必要はない?
クレアチンに筋肉合成効果がないのなら摂取しても意味ないじゃん。

と思う方もいるかもしれませんがそれは違います

筋肉をつけるときにクレアチンを摂取するのは、別の筋肉合成効果のある成分と併用摂取することで真の効果を発揮します

クレアチンALKで運動効率をあげ、筋肉合成促進のある成分の効果との相乗効果で更なる筋肉合成効果が見込めるというわけですね。

クレアチンALKと併用摂取した方がいい成分って?

クレアチンALKと併用摂取した方がいい成分って?
では、クレアチンとの相乗効果が見込める成分とはなんでしょうか?

一般的に知られているのはプロテインBCAAという成分です。

プロテインは皆さんもご存知の通り、筋肉合成効果の代表的な健康食品です。

そしてもう一つおBCAAも、筋肉の合成促進効果に加えて筋肉の分解を抑える効果を持つ成分です。

と、ここまでは一般的にご存知の方が多い組み合わせです。

次にご紹介する組み合わせはアスリートモデルといったプロの方が実際に愛用している組み合わせです。

では見ていきましょう。

プロだからこそ知るクレアチンの真の使い方とは?

プロだからこそ知るクレアチンの真の使い方とは?
クレアチンと相性のいいプロテイン。

ではなぜ相性がいいのですか?

その答えはプロテインの主成分タンパク質の最後の姿にあります。

タンパク質が筋肉になると思っている方が多いこの世の中。

違うんです。タンパク質から僅かに生成されるロイシンという成分があります。

このロイシンが、筋肉に絶大な効果を発揮しますが、このロイシンからわずか5%だけ成分がされる成分が、筋肉に一番有効な希少成分なんです。

この成分を多く摂るためにタンパク質が必要というわけです。

それが“HMB”という成分です。

クレアチンとHMBは最強タッグ

クレアチンとHMBは最強タッグ
クレアチンと、今ご紹介したHMB

この2つは相性抜群の筋肉合成のパートナーです。

そこに、先程お話したBCAAを加えることで、空前絶後の筋肉合成促進効果が生まれます。

知らない方が多いですが、この方法がどんな方法よりも効果的です。

ただ、この3つの成分のサプリメントを揃えるにはそれなりのコストが・・・。

でも諦めてはだめです!プロ直伝の方法だからこそ、それを低コストで叶えようとする人たちもいます。

それを次でご紹介。

クレアチン+HMB+BCAA全部欲しい!そんな方はコレ!

クレアチン+HMB+BCAA全部欲しい!そんな方はコレ!
その絶大な効果が好評を呼び、今、この3つを全て配合し、それ以外の有効成分も配合したHMBサプリというサプリメントの販売が開始されました。

そんな中でも、圧倒的人気を誇る、楽天リサーチ各部門1位総取りなどの業績を治めるNo.1HMBサプリをご紹介します。

バルクアップHMBプロ

それがコチラ”バルクアップHMBプロ

クレアチンALKや、プロテイン溶かして飲まなければいけませんが、コレは錠剤タイプで簡単。

持ち運びも楽々で、人気の火が収まる気配がありません。

気になる方は下に詳細情報の解説ページを記載しておりますので、そちらをご覧下さい。

例のサプリを徹底解説!知らなきゃ損!?

筋肉サプリランキング
サブコンテンツ

このページの先頭へ