プロテインは種類によって筋肉のつきやすさが違う!筋肥大が最も見込める種類とは?

プロテイン種類

プロテインの種類には大きく分けると3つに分類されます。それは「カゼインプロテイン」「ソイプロテイン」「ホエイプロテイン」の3種類ですね。

プロテインは種類によってそれぞれ、原料や機能に効果、そして利用用途が異なってきます。プロテインを購入する際は、これらプロテインの種類についてちゃんと理解しておく必要があるでしょう。

プロテインの種類1つ目「カゼインプロテイン」

カゼインプロテイン
プロテインの種類別にそれぞれ説明して行きましょう。

カゼインプロテイン」は牛乳を原料とする動物性たんぱく質。吸収速度が穏やかなのが特徴で、運動する間の筋肉分解を抑制する効果が比較的長時間見込めます。

プロテインの吸収速度が穏やかというのは、つまり腹持ちがいいということ。この種類のプロテインは筋肉の分解抑制とあいまって、ダイエットのお供には心強い味方となってくれるでしょう。

プロテインの種類2つ目「ソイプロテイン」

ソイプロテイン
プロテインの種類2つ目「ソイプロテイン」は、大豆を原料とする植物性たんぱく質。見込める効果としては、中性脂肪を低下させる働き、大豆イソフラボンによる抗酸化作用。そして大豆たんぱくには、脂肪燃焼効果があることでも知られており。

プロテインの中にはウェイトダウンを用途とする製品が多数販売されています。こちらの種類のプロテインも、吸収速度は比較的穏やかな種類のプロテインとなります。

プロテインの種類3つ目「ホエイプロテイン」

ホエイプロテイン
プロテインの種類3つ目「ホエイプロテイン」は、カゼイン同様、牛乳を原料とする動物性たんぱく質。吸収がとても早く、何よりも筋肉の栄養源になるBCAAが豊富に含まれており、筋肥大にはもってこいの、いや最も最適なプロテインとなるでしょう。筋肉をつけることを狙いとする男性の方はホエイプロテイン1択となるでしょう。

プロテインのみでは、筋肥大には不十分になりますので、たんぱく質が豊富な食事で補うか、プロテインを20杯といった恐ろしい量を摂る必要があります。もう1つの選択肢を挙げるとなれば、プロテインが代謝物HMBを直接摂取するという手もあります。

HMBを直接摂取するHMBについてコチラで紹介しています

HMBを摂るには筋肉サプリを使うのが1番!

HMBを摂取するのなら、筋肉サプリを使うのがベストです。プロテイン20杯分の栄養を1日たった数粒で補給出来るので、HMBを主としてるものを使えばかなり簡単に補給出来ます。

そんな筋肉サプリの中で特におすすめなものをランキング形式で紹介しております。HMB含有のサプリも勿論紹介しておりますので、是非ご覧下さい。
【筋肉サプリ管理人おすすめランキング】