ビルドマッスルHMB-筋力アップサプリ-
筋肉サプリランキング

筋トレBIG3スクワットの正しい方法を覚えよう

筋トレBIG3スクワットの正しい方法を覚えよう
スクワットの正しい方法をご存知んでしょうか?トレーニングの中でも比較的ポピュラーですし、特別な器具を用意するでもなく、少ししゃがんで立ってを繰り返す。言葉にすればこれがスクワットなのですが、スクワットの正しい方法を知らない人はとても多く、そのおかげでスクワットで無理な負担がかかり、怪我をする人もいます。スクワットそのものは素晴らしいトレーニングなのですが、トレーニングは正しい方法でなければ意味がありません。そこでスクワットの正しい方法を覚えましょう。

スクワットは正しく行う事で効率よく筋肉がつくもの

スクワットは正しく行う事で効率よく筋肉がつくもの
スクワットの正しい方法と言われても、そもそもスクワットはしゃがで立ってを繰り返すだけで難しいものではない。このような誤解をしている人が多いです。なまじ簡単な動作なだけに、正しい方法云々ではなく、見様見真似で出来てしまいます。

更にはそれが正しい方法だと誤解してしまうので、人に教える時も適当な形で教えてしまいますので、スクワットの正しい方法をご存知の方が少なくなってしまっているのです。ではスクワットの正しい方法とは何か。まず、直立不動の姿勢になったらしゃがむのではなく、膝を軽く曲げてお尻を後ろに出すかのような姿勢を取ります。

スクワットで気を付ける点について

スクワットで気を付けるのは膝の位置です。
自分自身の膝を上から見下ろした時、つま先が見えているかどうかが大切です。膝がつま先よりも前方に出ていると上から見た時つま先が見えません。これは間違ったスクワットです。つま先が見える程度膝をまえれば十分なのです。これでは全然負担がかかっていないと感じるかもしれませんが、これで良いのです。

膝の方がつま先より前方に出ていると、膝に余計な負担がかかります。スクワットは正しい方法で行っていれば太ももにしっかりと負担がかかるので怪我をするようなことはありません。ですが膝の方が先に出ていると、太ももだけではなく、膝にまで負担がかかってしまい、膝を痛めてしまうのです。

つま先が見えるようにと意識すると、しゃがむというよりも少しお尻を落とす程度かと思いますが、それでも十分に太ももには負荷がかかるので十分なのです。膝を思い切り曲げた状態から立つ。これを繰り返すのは膝に負担をかけるだけで、スクワットではありません。

正しい負荷のかけかたを覚えよう

スクワットの正しい方法を覚えたら、次はまず太ももにしっかりと負担がかかるのを覚えましょう。スクワットでどこを鍛えるのかといえばメインは太ももです。曲った状態から太ももの力で自分の上半身を持ち上げる。これにより、太ももに負担がかかって鍛えられるのです。

ここで気を付けるのは、どうすれば太ももに負荷がかけられるのかです。長くダラダラと行ってればいずれは太ももも疲れてくるかと思いますが、太ももだけにしっかりと負担をかければ短い時間・回数であっても太ももだけに負担を与えられます。ここでポイントとしては「上半身を上げる」ではなく、太ももで地面を押し出すかのような感覚を覚えること。

スクワットはどこに効くの?

スクワットは太ももの筋トレです。
長時間行えば次第に心配能力も鍛えられてくるのですが、基本的には太ももの筋トレです。筋トレで大切なのは負担がかかる筋肉を意識することです。スクワットは正しい方法があまり知られていおかげで、そもそも一体何が目的の運動なのかさえよく分からない人も多いのではないでしょうか。中には罰ゲームだと勘違いしている人もいるかもしれません。

テレビ番組等に於いて、延々とスクワットを繰り返させるシーンが放送されていたり、プロレスラーが何万回ものスクワットをしていると話すので、スクワットは筋トレではなく、耐久性を求めるものだと思っている人もいるのですが、スクワットは太ももの筋トレです。正しい方法でスクワットを行えば太ももに負担がかかるのが分かるはずです。まずは太ももに負担がかかる感覚を覚えましょう。

重量はどうするのか

スクワットの正しい方法と感覚。これを覚えたら反復することによって太ももの筋肉は発達していくのですが、この方法はいわば自重でのトレーニングになります。やはり慣れてきたらある程度負荷をかけた方が良いのは言うまでもありませんが、どのような形で負荷をかけるのか。

スポーツクラブであればスクワットのためのマシーンがありますので、それらを利用すると良いでしょう。気を付ける点としては、器具なのかフリーウェイトなのかです。どちらも正しい方法ではあるのですが、フリーウェイトの場合、自重も加味しなければなりませんので、初めは軽い重量からスタートすると良いでしょう。

器具の場合、近年のスクワットマシーンは自分自身は座りながら太ももで押し出すタイプのマシンが主流となっていますので、太ももにダイレクトに負担を与えられます。自重が加算されていませんので、こちらは自分が思っているよりも少々重い段階から始めた方が良いでしょう。

自宅でもスクワットをする時に負荷をかけたい

自宅でもスクワットをする時に負荷をかけたい
スクワットの正しい方法に慣れてくると、自重だけではどうしても物足りなく感じるものです。スポーツクラブに通っているのであれば先にも述べたような負荷をかけるものを活用すれば良いのですが、自らで行う場合、正しい方法に慣れてくると太ももに負担を与えるためには長時間行わなければならなくなります。

筋肉は鍛えれば鍛えた分発達しますので、いずれは自重では物足りなくなってしまいます。そこで負荷をかけるものを用意することになるのですが、スクワットは太ももに負担をかけます。そのため、脚にどれだけ重りをつけても意味がありません。重い物を背負えばその分太ももへの負担も増えるのですが、気を付けるのはバランスです。

リュックを活用するスクワット術

リュックに物を入れてスクワットをする。これだけでも十分良い負荷になるのですが、重量ではなく体積そのものが大きいとバランスが崩れてしまいます。正しい方法で行っているのにバランスが悪く、怪我をしたり思わぬ部分に負担がかかってしまったりになりますので、重量は肩に持つのが理想です。肩であれば重量のバランスが崩れることもありません。

ですが「持つ」ということばかりを意識するような重量ですと、太ももではなく、肩や腕に意識が行ってしまいますので自重でのスクワットに慣れてきたらスポーツクラブやジムなど、施設がある所にて正しい方法で行うと良いでしょう。スクワットに限らず、自重では次第に回数をこなさなければ負担がかからないようになりますので、器具を使った方が効率よく負担を与えられるのです。

スクワットの正しい方法は知られていないだけで、決して難しい方法ではありません。正しい方法であれば体におかしな負担がかかるようなこともありませんので、正しい方法を徹底するよう心掛けましょう。

業界最強のHMBサプリと言えばコレ
バルクアップHMBプロ
バルクアップHMBプロの評価
バルクアップHMBプロです。 HMBを2000mg摂取できるこちらの筋肉サプリは、業界No1のHMB配合量を誇ります。HMBの効果をより実感したいという方であれば、こちらの、バルクアップHMBプロは非常におすすめ、管理人絶賛の品となっています。
初回購入(通常)11700円
初回購入(2回プラン)7800円/2回目以降(7800円)
初回購入(3回プラン)5250円/2回目以降(5250円)
初回購入(特別3回プラン)500円/2回目以降(5950円)
実感度95.8%
バルクアップHMBプロ

ビルドマッスルHMBについて

ビルドマッスルHMB
ビルドマッスルHMB
ビルドマッスルHMBはたった4粒で、プロテイン20杯分ものHMBを摂取できる優れもの。筋トレ後の筋肉の補強には欠かせないサプリメントとなっているので、是非試してみよう。
»ビルドマッスルHMBの口コミをコチラにまとめています
ビルドマッスルHMB

ガクト愛用のHMB!!めちゃめちゃ人気です

メタルマッスルHMB
メタルマッスルHMBの評価
メタルマッスルHMBは、ガクトが愛用していると言われているHMBサプリです。ガクトも中々のマッチョで有名な方なので、そんなガクトが愛用しているHMBと聞いて、細マッチョになりたい男子は黙ってはいられないはず!!
メタルマッスルHMB

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ